母になる、

結婚・出産・育児について、のんびり綴るブログ。 2016年5月に男の子を出産し、平凡な私が母親になりました。

コップで飲みたいお年頃

 

最近、息子が麦茶をコップで飲みたがるようになりました

 

生後6ヶ月頃からストローの練習をしていますが、

 

生後8ヶ月ごろから

ストローの飲み方は分かっているのに、

ストローで飲もうとせず、 

マグのフタを歯で少し開けて、その隙間から飲もうとします(とても器用)

 

息子ひとりでは、飲むというより浴びる感じになるので、

ビショビショになり、さぁ大変

 

 

0歳の息子が大人しく飲むなんてことは到底できないので、

いつもマグを振り回したり投げたり叩いたりと、

部屋中に麦茶をまき散らしてくれます

 

 

息子は、リッチェルのマグを使っています

画像左のマグは、ストローの練習にはとても役立ちましたが、

 

フタが甘くてすぐに外れます

(だから歯でカミカミしたら簡単に外れます)

  

その打開策として

フタがしっかり閉まる画像右のマグに挑戦しましたが、

(同じくリッチェルのマグ)

全くもって飲もうとしてくれません

フタをカミカミして、投げて振り回して叩いて終了

こぼれるのは防げますが、飲んでくれなければ意味もなく、、、 

 

さて、どうしたものかと考えました

 

私たち大人がコップで飲み物を飲むしぐさを

息子はよく楽しそうに見ています

 

「自分もマネしたいんだ」という積極的な姿勢をつぶしたくないなと思い、

 

「やっぱりコップで飲みたいのか!ならば挑戦させよう!」と

離乳食の度に床掃除をする決心をしました 

(シートを敷いていても、シート外ばかり汚れる不思議) 

 

はじめは、

リッチェルのマグ(画像左)のフタを外して、コップのみにしました

うしろから支えながら、息子にコップを持たせました

 

すると、何度もゴクっと飲んでくれました

もちろんこぼしながらですが、

ストローよりも意欲的に飲むようになりました

 

コップで飲んでくれるようになって

とっても嬉しいのですが、やっぱりフタ付きがいいなー

フタがついている練習用コップはないかなーと探したら、

 

普通にありました

 

ピジョンのマグマグです

飲み口の水の出る量もねじで調節できるので、

コップの上達によって変えられるので嬉しいです

 

マグマグだと、ひとりでもコップで少し飲めるようになりました

そして、こぼれすぎないので掃除もラクラクです

でも、ちょっと目を離すと自分で調節ねじを触って、

飲み口全開になった状態で、真っ逆さまにして遊んでいるので

そうなると洪水状態でアウトですが、、、

 

また調節ねじで完全に水が出ないようにしないと、

フタが閉じれないので、

うっかり開いたままで、カバンが水浸しに!なんてことにはなりません 

お母さんのことをとても考えてくれている商品だなーと思いました

 

ピジョンのマグマグはスパウトやストローマグで

すでに使っている方も多いと思います

その場合はフタのパーツだけ売られているので、安くすみますね

もともとセットでも売られているようですね

(はじめからピジョンのマグマグにすれば良かったー)

我が家のベビー用品は、だいたいピジョンさんの製品です

お母さんのことを考えたひと工夫があるので、便利なものが多いですね

 

何か新しいものを買う際は、

まずピジョンの製品はどうか確認してから買った方が得策だと、

やっと気づきました(遅い)

ピジョンがあれば、育児はなんとかなると思ってます

 

 

みつのすけ