読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母になる、

結婚・出産・育児について、のんびり綴るブログ。 2016年5月に男の子を出産し、平凡な私が母親になりました。

母の自分メンテナンス

今日は、久しぶりに髪の毛のカラーとカットに行きました

 

カットは3ヶ月ぶり

カラーはなんと半年ぶり

 

トリートメントに、パーマに、ネイルに、フェイシャルに、買い物に、その他諸々

自分メンテナンスを好き放題やれた一人の頃が懐かしい

 

産後の今となっては、

髪の毛を切るだけでも、やっとの思いです

ぐっとハードルが高くなり、一大イベントになりました

(ネイルやエステなんて、ずいぶん大きくならないと無理だろうな〜悲しい)

 

 

産後はキッズスペースのあるサロンを見つけて、

実家の母に付き添ってもらい、髪の毛を切っています

 

キッズスペースには、たくさんおもちゃが用意され、

ベビーチェアやアニメのDVDまで完備されています

 

そして、すぐ横にお母さんが見える位置にあるので、

息子は、そこまでぐずらずお利口さんでした

私もどうしてるかな?とすぐ確認できるので、安心でした

 

VERYなんていうオシャレママが読む雑誌を見せてもらい、

まだ0歳や1歳のお母さんでも、

おしゃれしてお出かけして雑誌に取材されてる人を拝見し、

いったいどんな生活をしてるのか、不思議で仕方なかったです

そんな存在を知ると、羨ましくなってしまい、

自分なんてパジャマで過ごす日あるよ? って悲しくなったり、

普通のお母さんは精神衛生上、読まない方がいいなって思いましたw

 

話はそれましたが、

髪の毛をきれいにしてもらって、

雑誌を悠長に読ませてもらって、

息子はおばあちゃんとお利口に遊んでるし、

あとはシャンプーとブローしてもらうだけ

 

美容院でシャンプーしてもらうのが好きなので、

シャンプーの良い香りに包まれて、気持ちよく洗ってもらって、

あ〜癒される〜と思う間もなく、

ビエーーーーン!という泣き声がお店中にとどろき、、、

 

もちろん犯人は息子です

私の姿が見えなくなり、泣いて知らせてくれました

カット中もキッズスペースからチラチラと

私の姿を何度も確認していることは知っていました(可愛い)

でも、おもちゃに夢中だったので大丈夫かな?

と思ったのは間違いでした

 

癒しのシャンプーは、

泣きべそな息子をお腹の上に座らせながらしてもらいました

ある意味、一緒にいい経験になりました

 

私は有り難くも実母に付き添ってもらい、

美容院に行ってますが、

手助けしてくれる人が近くにいないお母さんは、一体どうしているんだろう?

ベビーカーに乗せたままカットしてもらうなどと聞いたことはあるけれど、

知らない場所でかなり泣きそうだし、、、

特に0歳児の場合は、どうされてるのか想像もつかない!

考えるだけで、サポートしたくなる!

(でも私も赤ちゃん連れだから、むしろいい迷惑) 

 

そんな我が家も転勤の可能性がいつでもあるので、

こんな風に実母に甘えられるのも今だけ

サポートがなくとも工夫して頑張らねば〜

 

母になると

美容院に行くのも、やっとだけれど、

朝ボサッとした自分の髪や疲れた顔を見ると、げんなりしてしまう

今日カットとカラーをしてもらって、

髪も気持ちもすっきりできました

一人だった頃とは違い、たっぷりと自分をメンテナンスできないけど、

少しでも自分の為に時間を取って、きれいにすることは、

お母さんの心の栄養に繋がるなーと思いました

 

かく言う私は、

産後に抜けた髪が生えてきて、

短い髪がところどころに出てきて、面白い状態になっています

いまだに髪が抜け続けていて、早く生え変わってほしいと願うばかりです

 

 

みつのすけ