読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母になる、

結婚・出産・育児について、のんびり綴るブログ。 2016年5月に男の子を出産し、平凡な私が母親になりました。

赤ちゃんと海遊館に行ってきました

 

先日、生後10ヶ月の息子と海遊館に行ってきました

海遊館とは、大阪にある水族館です)

 f:id:momdiary:20170421220419j:image

夫も有給休暇で休みをもらっていたので、

家族3人で行くことができました

 

平日の昼下がりに入館したので、とても空いていました

外国人観光客の方がほとんどで、

色んな言語が飛び交い、まるで遠くまで旅行に来たみたいでした

 

大阪にずっと住んでいても、海遊館に来たのは学生ぶり

なかなか普段の生活では、大阪のいわゆる「 THE 観光地」に遊びに行くこともないので、

親の私たちの方がワクワクしてはしゃいでいました

 

  

f:id:momdiary:20170421220630j:image

もうすぐ端午の節句だからか?鯉のぼりがなびいてました〜

 

f:id:momdiary:20170421224515j:plain

ランチをしたフードコートのテラスからサンタマリア号が見えました

 

なぜ海遊館にお出かけしたのか?

というと、、、

  1. 最近、息子が色んな動物に興味を持ち始めたから
  2. 海遊館の施設内に授乳室があるから
  3. 屋内で気軽に楽しめそうだから
  4. 隣にショッピングモールがあり、ランチや休憩に困らないから

 

最近、息子が散歩中に犬や鳥などの動物に興味を持ち始めました

絵本やテレビでも動物が出てくると嬉しそうにし始めたので、

実際に目で見て体験してほしいと考えました

 

動物園でも良かったのですが、

海遊館は屋内で遊べて、施設内に授乳室があり、

乳児連れでも気軽に楽しめそうだった為、

10ヶ月の赤ちゃんとの外出に海遊館を選びました

 

海遊館に乳児を連れていく場合

海遊館のホームページ↓↓↓

乳幼児をお連れの方へ|展示・館内紹介|海遊館

ママと赤ちゃんの大冒険 半日プラン:海遊館満喫モデルコース|イベント・楽しみ方|海遊館

www.kaiyukan.com

館内を順路通りに進むと、

中間あたりに授乳室があったので、

ちょうど休憩に良いタイミングで授乳できました

そのまま帰宅まで授乳せずに持つことができたので良かったです

 

海遊館の館内は、エスカレーターでの移動があるので

ベビーカーよりも抱っこ紐での移動が推奨されています

私たちも抱っこ紐で館内をまわりました

 

運良く誰もいないエリアがあったので、

抱っこ紐から出してあげると、

水槽にぴったり張り付いて、すいすい泳ぐ魚に夢中でした

f:id:momdiary:20170421224147j:plain

 

息子は初めて見る大きな魚に大興奮でした

怖そうな顔の魚には泣きそうになったり、

でもペンギンや大きな魚には興味津々だったり、

幼いながらも何かを感じ取っていました  

 

f:id:momdiary:20170421224801j:image

 

海遊館で遊んだあとは、となりのショッピングモールで休憩

マザームーンカフェで、パンケーキを食べました

見た目どおり美味しかったです

f:id:momdiary:20170421224732j:image

 

私たちの海遊館スケジュール with 赤ちゃん

最後に、私たちが海遊館に行ったときのスケジュールを紹介します

どなたかの参考になれば嬉しいです

 

状況)生後10ヶ月の息子、平日の午後 

 

12:00 自宅にて 息子のお昼(離乳食2回目)

13:30 海遊館に到着

     私たち親のランチ

   (海遊館隣のショッピングモールのフードコートにて)

14:00 海遊館に入場

   (滞在時間:1時間半ほど)

   (途中、授乳室にて授乳休憩)

15:30 海遊館から退場

     隣のショッピングモールのカフェにて休憩

16:00 帰りの地下鉄に乗車

   (通勤ラッシュを避ける為、16時半までの乗車がおすすめ)

     帰宅

 

海遊館が空いていたので、1時間半ほどで楽しめました

息子はちょうど帰りの電車でお昼寝をして、家に着く頃に起きました

そのあとは、いつも通り夜の離乳食を食べて、お風呂に入って、

疲れていたので、すんなり寝てくれました

 

丸一日お出かけすると

親も赤ちゃんもぐったり疲れてしまうので、

午後の時間を使って外出しました

 

写真を撮り忘れましたが、

ショッピングモールにある不二家の「ミルキーソフトクリーム」がとても美味しかったです

夫も私も美味しくてテンションが上がりました

海遊館に行かれる方は、ぜひぜひお召し上がりください

 

 

みつのすけ

「母になる」というドラマが放送されるそうですね

こんばんは

 

発熱を伴う風邪が続き、ブログをご無沙汰していました

 

先週、少し忙しいスケジュールだったので、

産後から少し弱っている自分には無理しすぎたかも?と思っていたら、

案の定、39度ちかい熱が出て、風邪が長引いていました

忙しいと言っても、出産前の自分ならなんてことありませんでしたが、

だいぶ弱っているようです

幸い、家族に風邪をうつさずに済んだようで良かったです

momdiary.hatenablog.com

 

 

話は変わって、

このブログと同じタイトルの「母になる」というドラマが、明日から放送されるそうですね

偶然とは言え、少し驚きました

 

我が家は、夫がテレビ嫌いなので、

息子が産まれるまでテレビを全く見ていませんでした

(でも海外ドラマは好きなので、オンデマンド動画派です)

 

息子がテレビに興味を持ち始めてからは、

おかあさんといっしょ」等の番組を見て楽しんでいますが、

(息子はチョロミーが好きです)

 

民放はさっぱりで、インスタグラムでドラマのことを知りました

ちらっと内容は読みましたが、

悲しいストーリーのようで残念です

 

「子育ては大変で一日ドタバタだけど、人を育てるのはこんなに楽しくて充実できるものなんだ」という

なんというか、母になることで自分も成長するし、

子育ては想像よりもっと楽しいものだと伝えられるドラマであって欲しかったなーと思いました

それだとドラマ性が少なくてダメなんですかね?

 

例えば、インスタグラムでは子育て中のたくさんのママが得意のイラストで

子育てのおもしろエピソードを投稿してくれて、

大きなドラマ性はなくても、それには物凄い数の「いいね」がついていて、

そんなお母さんの日常をドラマにした方がよっぽど話題になりそうな気がする、、、

 

なんて考えた病み上がりの夜でした

寝込んでいるあいだに、桜が散ってしまいそうです

寒暖差があり、まだまだ風邪を引く季節なので

皆様どうぞお気をつけください

 

f:id:momdiary:20170411235652j:plain

 

 

みつのすけ

 

 

 

産後の靴事情

今週のお題「お気に入りのスニーカー」(お題というものに初めて挑戦してみました)

 

出産前までの私は、兎にも角にもヒール命!

ヒールの高い靴ばかり履いていました

よく歩く旅行でもダッシュする通勤の日も雨の日も風の日も、とにかくヒール

 

海外ブランドのパンプスやらサンダルやらが大好きで、(ブーツも忘れてはならぬ!)

季節ごとに買い漁っていました

懐かしい日々です

 

今となっては宝の持ち腐れ、

いや下駄箱の化石と化しています

 

妊婦のときも (8ヶ月くらいまでは)

ぺたんこ靴よりも、

少しヒールのある靴を履いている方がラクでした

 

そんなヒール命の私が出産を経験し、

とても困ったことは、

「履く靴がない!!!!」という問題

 

私が唯一持っていたぺたんこ靴は、ミネトンカのモカシンでした

こういうやつです↓

 

妊娠8ヶ月ごろから履いていて、

ちょうど季節は3〜4月頃の春だったので、

まだ履いていても許せる感じでした

 

臨月だった5月はもう歩くのもやっとで

モカシンは少し暑苦しかったけど、

靴なんてどうでもいい、履けて歩けたら何でもいい状態

 

そして陣痛が来て、

いざ出産するために産院に向かうときも

出産後、退院するときも

もちろんそのモカシンを履いていました

 

ある意味、思い出深い一足に

 

産後1ヶ月は、あまり外に出ることもなく、

靴の存在も忘れていました

 

が、

 

産褥期も終わり、

日常生活に戻る頃には、外の世界はもう夏

もうすぐ7月になる頃でした

 

外出しようにも

ぺたんこ靴はモカシンしかない

 

出産後は骨盤がゆるゆるで、

しかも生後わずかな息子を抱っこしながら、

ヒールのサンダルなんて履ける訳もなく、、、

 

そう、履ける靴がない!!!!

 

息子もまだまだ予測不能な時期だったので、

毎日、生活するのに必死で

靴を買いに行く時間も、

ネットで見つける時間もありませんでした

 

とても暑苦しかったけれど、

モカシンを履いて、産後の夏を過ごしました

お宮参りもモカシンを履いてたな〜

思い出は常にモカシンと共に

 

そんな私を見かねて、

夫が何かにつけ「靴を買いに行こう」と誘ってくれました

 

が、

 

そもそもヒール以外の履きやすい靴、

つまり女性用のスニーカーは、どこに買いに行けばいいの?

という完全なるスニーカー初心者でした

 

今までヒール以外の選択肢を持ち合わせていなかったので、

スニーカーの売ってる場所もわからないし、

トレンドも全く知りませんでした

 

そして、スニーカーに合う服も持っていませんでした

 

秋が近づく頃、

そんなスニーカー初心者の私を連れて、

夫が向かった先は、あの有名なABC-MARTでした

 

なるほど、

ABC-MARTにスニーカーが売ってるのか!

そんな驚きと期待を込めて、お店に入りました

 

スニーカー初心者の私は、

どれがダサくて、どれがオシャレなのか全くわからず、

しかも、がっつりスニーカーは服に合わず結局履かなさそうだし、、、

うだうだ悩む悩む

 

またまた、

そんな私を見かねた夫が「これだと似合うんじゃない?」

と差し出してくれたのは、

ネイビーのスリッポンスニーカーでした

(↓スリッポンとは、ひもなしのスニーカーです)

 

おっ!これだと少しキレイ目に履ける気がする!

 

少し厚底になっているので、

ヒール好きの私の心も少し満たされ、

れいなネイビーで、

持っている色んな服に合いそうでした

 

さすが夫です

私のことをよく知ってらっしゃる

 

喜んで試着して(←靴も試着であってるのかな?)

ちょうど私のサイズも在庫があり、買ってもらいました

そして、ついにモカシンから卒業しました

 

スニーカーを買ってもらった日から

毎日買い物に行くときも

息子とお散歩に行くときも、いつも一緒

お出かけも抱っこ派の私には、スニーカーは手放せません

 

このスニーカーは夫に初めて買ってもらった靴で、

すっかりお気に入りの一足になりました

 

私がスリッポンを履いている姿を見ると、

夫は、心なしか満足顔です

 

これから出産を控える方には、

出産前までに(←ここ重要!)

お気に入りのスニーカーをご購入されることをオススメします!

ラクチンなのは言わずもがな、

よれよれのスニーカーよりも、断然お散歩やお出かけの気分が上がります

産後は、こんな些細なことでもキュンっと嬉しくなるものです

 

母になることで色んなことが変わりましたが、靴まで変わるとは思ってもいませんでした

 

ヒール命だった私ですが、しばらくヒールは履けなさそうです(涙)

何よりスニーカーの良さを知ってしまった今は、もうヒールに戻れなさそう(やばい)

 

 

暖かい季節に向けて、

そろそろ新しいスニーカーを買ってもらおうかと画策中の母なのでした

 

 

 みつのすけ

 

花粉症に苦しむ夫のために

 

ぽかぽか暖かい日が増えて嬉しい反面、

花粉症の季節になりましたね

 

先週末から特にひどくなったようで、

花粉症の夫は、とても苦しんでいます

 

幸い私は花粉症ではないので、

その苦しみを味わったことがないのですが、

 

目はかゆいし、

くしゃみ鼻水は出るし、

ぼーっとして、思考が停止する

 

と、よく夫から苦情が寄せられています

 

そんな可哀想な夫のために、

なにかできないか?と思っていたら、見つけました!

 

f:id:momdiary:20170323230139j:plain

 

花粉症予防に効果のあるハーブティーです

その名も『ネトルティー

 

オーガニックな食品や雑貨を取り扱うお店に行ったところ、

花粉症におすすめの商品として並んでいて、

たまたま見つけたのですが、

これは試すしかないと思い、早速買ってみました

 

ネトルティーは花粉症の他にも効果があり、

鉄分やミネラルを多く含み、造血作用があるため、

母乳の出をよくしたり、

貧血予防や婦人科系のトラブルにも効果があるそうです

 

母乳は血液から出来ているので納得!

産後のお母さんにもぴったりなハーブティーですね

(産褥期や産後すぐに出会いたかったです〜悔やまれる)

 

↓ネトルの成分について、こちらのサイトに詳しく載ってました

www.wakasanohimitsu.jp

 

さらにネトルティーについて調べていると、

妊娠中の方や子供は、

飲むのを控えたほうがよいとする情報もあり、注意が必要です

 

ハーブティーなので即効性は期待していませんが、

継続して飲むことで、

じんわり効果が得られたらいいな〜と思っています 

 

夫は花粉症のために、

私は授乳のために、

息子は母乳を通して、

 

我が家にとって

ネトルティーは一石二鳥、いや一石三鳥なハーブティーです

 

肝心のお味ですが、

香りも強くなく、すっきりとした味で飲みやすかったです

ハーブティーというより、緑茶を薄めた感じに近いと思います

(夫は畳の味がすると言ってましたが、畳食べたことあるのかな?)

 

 

私が購入したネトルティーはこちら↓

 f:id:momdiary:20170324220625j:image

 

 

 

みつのすけ

洗濯槽のお掃除

 

今日は、洗濯槽の掃除をしました

 

f:id:momdiary:20170320003813j:plain

 

出産後、大幅に増えた洗濯の量と回数

1日3回まわすことも日常茶飯事

(きっと息子が部活かスポーツをする頃には、もっと増えるんだろうな〜遠い目)

 

洗濯をする回数は増えるけど、

洗濯槽まで掃除する時間とタイミングがなく、

産後、今まで掃除できていませんでした(お恥ずかしい話ですいません) 

 

どうしても「今日、やっちゃおう!」という気持ちが高ぶり、

お出かけから帰ってきた夫に息子を見てもらい、

いざ、洗濯機と格闘しました

 

グーグルで

「洗濯槽 掃除」とポチッと検索(↓この記事を参考にしました)

kakakumag.com

 

こちらの記事は参考にしたのですが、

結局ところどころ自己流に掃除してしまいました

 

洗濯槽の掃除で用意していたもの

  • 洗濯槽クリーナー
  • 浮いた汚れを取る網
  • 掃除をやりきる根気と時間

 

リンクの記事では、洗濯槽クリーナーではなく

キッチンハイターでも掃除できると紹介されていましたが、

 

私はあらかじめ洗濯槽クリーナーを買ってしまっていたので、

市販の洗濯槽クリーナーを使用しました

 

長く掃除していなかったので、

たくさん汚れが浮き出すと思い、

汚れを取る網もダイソーで買い、用意していました

ー「パッチンお風呂ネット」という商品を買いました

 (本来は、お風呂に浮いた髪などを取るものみたいです)

 

あとは根気よく洗濯槽を掃除する時間の確保です

つけおき時間に2〜3時間、

何度も「洗い」・「すすぎ」・「脱水」を繰り返すので、

根気と時間もかなり必要です

 

具体的な掃除の流れ

換気する(必須!)

付属品(洗剤の入れる場所、くず取りネット等)を掃除

手の届く範囲(洗濯槽のふち、フタ等)を掃除

40度以上のお湯の用意

お湯を洗濯槽に移す(ホースを用意するのがめんどうで、お風呂にためて洗面器で地道に移しましたw)

洗濯槽クリーナーを入れる

「洗い」モードで約3分ほどまわす

「洗い」が終わるとモコモコの泡が浮かんでる

なにもせず泡の状態のまま、3時間つけ置く

3時間経過

泡は消えて、汚れのみ浮いた状態になる

ゴミ袋の用意

汚れを網ですくってゴミ袋へ

だいたいキレイになったら、もう一度「洗い」約3分

また汚れをすくう

だいだいキレイになったら、「洗い〜すすぎ〜脱水」

脱水後、洗濯槽に付いた汚れを拭き取る

くず取りネットに入った汚れを掃除する

また「洗い」で約3分ほどまわす

汚れの浮き具合をチェックして、また、、、

(上の青文字の行程を何度も繰り返しました〜)

 

定期的に掃除をしていると、

何度も洗濯機をまわす必要もないのでしょうが、

さぼっていると、何度まわしても汚れが浮き出てきます(涙)

 

掃除の感想と今までの反省

掃除はさぼると何もいいことはありませんね

定期的に掃除している場所は、

そこまで必死にならなくても、少し掃除するだけでキレイになります

洗濯槽もさぼらずに、

今後は、洗濯王子もおすすめしている「月一ペース」で掃除したいと思います 

(今回はじめて洗濯王子を知りましたが、、、)

 

洗濯槽の掃除は、

洗濯機を長持ちさせることにも繋がり、

電気代も節約できるそうです

 

何より洗濯物がきれいになるのが嬉しい

あの汚れと一緒に洗っていたなんて、、、

家族よ、服よ、タオルよ、今までごめんね

 

 

みつのすけ 

母の自分メンテナンス

今日は、久しぶりに髪の毛のカラーとカットに行きました

 

カットは3ヶ月ぶり

カラーはなんと半年ぶり

 

トリートメントに、パーマに、ネイルに、フェイシャルに、買い物に、その他諸々

自分メンテナンスを好き放題やれた一人の頃が懐かしい

 

産後の今となっては、

髪の毛を切るだけでも、やっとの思いです

ぐっとハードルが高くなり、一大イベントになりました

(ネイルやエステなんて、ずいぶん大きくならないと無理だろうな〜悲しい)

 

 

産後はキッズスペースのあるサロンを見つけて、

実家の母に付き添ってもらい、髪の毛を切っています

 

キッズスペースには、たくさんおもちゃが用意され、

ベビーチェアやアニメのDVDまで完備されています

 

そして、すぐ横にお母さんが見える位置にあるので、

息子は、そこまでぐずらずお利口さんでした

私もどうしてるかな?とすぐ確認できるので、安心でした

 

VERYなんていうオシャレママが読む雑誌を見せてもらい、

まだ0歳や1歳のお母さんでも、

おしゃれしてお出かけして雑誌に取材されてる人を拝見し、

いったいどんな生活をしてるのか、不思議で仕方なかったです

そんな存在を知ると、羨ましくなってしまい、

自分なんてパジャマで過ごす日あるよ? って悲しくなったり、

普通のお母さんは精神衛生上、読まない方がいいなって思いましたw

 

話はそれましたが、

髪の毛をきれいにしてもらって、

雑誌を悠長に読ませてもらって、

息子はおばあちゃんとお利口に遊んでるし、

あとはシャンプーとブローしてもらうだけ

 

美容院でシャンプーしてもらうのが好きなので、

シャンプーの良い香りに包まれて、気持ちよく洗ってもらって、

あ〜癒される〜と思う間もなく、

ビエーーーーン!という泣き声がお店中にとどろき、、、

 

もちろん犯人は息子です

私の姿が見えなくなり、泣いて知らせてくれました

カット中もキッズスペースからチラチラと

私の姿を何度も確認していることは知っていました(可愛い)

でも、おもちゃに夢中だったので大丈夫かな?

と思ったのは間違いでした

 

癒しのシャンプーは、

泣きべそな息子をお腹の上に座らせながらしてもらいました

ある意味、一緒にいい経験になりました

 

私は有り難くも実母に付き添ってもらい、

美容院に行ってますが、

手助けしてくれる人が近くにいないお母さんは、一体どうしているんだろう?

ベビーカーに乗せたままカットしてもらうなどと聞いたことはあるけれど、

知らない場所でかなり泣きそうだし、、、

特に0歳児の場合は、どうされてるのか想像もつかない!

考えるだけで、サポートしたくなる!

(でも私も赤ちゃん連れだから、むしろいい迷惑) 

 

そんな我が家も転勤の可能性がいつでもあるので、

こんな風に実母に甘えられるのも今だけ

サポートがなくとも工夫して頑張らねば〜

 

母になると

美容院に行くのも、やっとだけれど、

朝ボサッとした自分の髪や疲れた顔を見ると、げんなりしてしまう

今日カットとカラーをしてもらって、

髪も気持ちもすっきりできました

一人だった頃とは違い、たっぷりと自分をメンテナンスできないけど、

少しでも自分の為に時間を取って、きれいにすることは、

お母さんの心の栄養に繋がるなーと思いました

 

かく言う私は、

産後に抜けた髪が生えてきて、

短い髪がところどころに出てきて、面白い状態になっています

いまだに髪が抜け続けていて、早く生え変わってほしいと願うばかりです

 

 

みつのすけ

 

 

 

 

コップで飲みたいお年頃

 

最近、息子が麦茶をコップで飲みたがるようになりました

 

生後6ヶ月頃からストローの練習をしていますが、

 

生後8ヶ月ごろから

ストローの飲み方は分かっているのに、

ストローで飲もうとせず、 

マグのフタを歯で少し開けて、その隙間から飲もうとします(とても器用)

 

息子ひとりでは、飲むというより浴びる感じになるので、

ビショビショになり、さぁ大変

 

 

0歳の息子が大人しく飲むなんてことは到底できないので、

いつもマグを振り回したり投げたり叩いたりと、

部屋中に麦茶をまき散らしてくれます

 

 

息子は、リッチェルのマグを使っています

画像左のマグは、ストローの練習にはとても役立ちましたが、

 

フタが甘くてすぐに外れます

(だから歯でカミカミしたら簡単に外れます)

  

その打開策として

フタがしっかり閉まる画像右のマグに挑戦しましたが、

(同じくリッチェルのマグ)

全くもって飲もうとしてくれません

フタをカミカミして、投げて振り回して叩いて終了

こぼれるのは防げますが、飲んでくれなければ意味もなく、、、 

 

さて、どうしたものかと考えました

 

私たち大人がコップで飲み物を飲むしぐさを

息子はよく楽しそうに見ています

 

「自分もマネしたいんだ」という積極的な姿勢をつぶしたくないなと思い、

 

「やっぱりコップで飲みたいのか!ならば挑戦させよう!」と

離乳食の度に床掃除をする決心をしました 

(シートを敷いていても、シート外ばかり汚れる不思議) 

 

はじめは、

リッチェルのマグ(画像左)のフタを外して、コップのみにしました

うしろから支えながら、息子にコップを持たせました

 

すると、何度もゴクっと飲んでくれました

もちろんこぼしながらですが、

ストローよりも意欲的に飲むようになりました

 

コップで飲んでくれるようになって

とっても嬉しいのですが、やっぱりフタ付きがいいなー

フタがついている練習用コップはないかなーと探したら、

 

普通にありました

 

ピジョンのマグマグです

飲み口の水の出る量もねじで調節できるので、

コップの上達によって変えられるので嬉しいです

 

マグマグだと、ひとりでもコップで少し飲めるようになりました

そして、こぼれすぎないので掃除もラクラクです

でも、ちょっと目を離すと自分で調節ねじを触って、

飲み口全開になった状態で、真っ逆さまにして遊んでいるので

そうなると洪水状態でアウトですが、、、

 

また調節ねじで完全に水が出ないようにしないと、

フタが閉じれないので、

うっかり開いたままで、カバンが水浸しに!なんてことにはなりません 

お母さんのことをとても考えてくれている商品だなーと思いました

 

ピジョンのマグマグはスパウトやストローマグで

すでに使っている方も多いと思います

その場合はフタのパーツだけ売られているので、安くすみますね

もともとセットでも売られているようですね

(はじめからピジョンのマグマグにすれば良かったー)

我が家のベビー用品は、だいたいピジョンさんの製品です

お母さんのことを考えたひと工夫があるので、便利なものが多いですね

 

何か新しいものを買う際は、

まずピジョンの製品はどうか確認してから買った方が得策だと、

やっと気づきました(遅い)

ピジョンがあれば、育児はなんとかなると思ってます

 

 

みつのすけ